<< 子孫が絶える「偉業」 中国人ブログ  古澤襄 | main | 韓国からの輸入は0.68%、輸出は1.12%  田母神俊雄 >>
米国で韓国車の評価急低下、日本車躍進  古澤襄
弱り目に祟り目とは、このことであろう。アメリカの低所得者層から人気があった韓国の現代自動車が、「2013年自動車ブランド評価」で評価が急低下したと朝鮮日報が嘆いてみせた。

韓国車の人気低落をよそ目に、日本車が人気を回復、ニューヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナルなどは「日本車の完勝」と報じた。1−7位を日本ブランドが独占したためだ。

評価を下した米消費者雑誌「コンシューマー・リポート」は、「日本のホンダが完全に変わった。これまでは評判に安住していたが、新型アコードなどの品質が確実に向上した」と評している。

<米消費者雑誌「コンシューマー・リポート」がこのほど発表した「2013年自動車ブランド評価」で、現代自動車は全26ブランド中14位となり、昨年(11位)に比べ順位を三つ落とした。現代自は今年、11位となった起亜自動車にも劣った。

現代自は最近、米市場調査会社JDパワーが集計した「初期品質調査(IQS)」「耐久品質調査(VDS)」でも昨年に比べ順位を大きく落とし、全体平均を下回った。

米国は約40のブランドが真っ先に新車を発表する世界2位の自動車市場だ。現地の消費者に信頼される両機関が発表した品質評価が低下したことを受け、現代自周辺からは「品質の危機」を懸念する声が上がっている。

■日本車の復活

コンシューマー・リポートによる評価結果を受け、ニューヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナルなどは「日本車の完勝」と報じた。1−7位を日本ブランドが独占したためだ。

昨年とは異なり、今年からは各社が展開する複数のブランドごとに評価が行われた。トヨタは小型車「サイオン」(6位)から高級ブランドの「レクサス」(1位)まで3ブランドが全て上位に入った。一度は危機に追い込まれた日本メーカーが革新的な品質で続々と攻勢を掛けたことで、日本車とほとんどの車種で競合する現代自は足元が大きく揺らいだ格好だ。

2009年のトヨタによる大規模なリコール(回収・無償修理)、11年の東日本巨大地震で日本ブランドに対する評価は急低下した。コンシューマー・リポートは12年型のホンダ・シビックに「どうということもない車だ」と同クラスで最低の点数を付け、ホンダはこれまでにない屈辱を味わった。

しかし、同誌で今年の評価を統括したジェイク・フィッシャー自動車担当評価責任者は「ホンダが完全に変わった。これまでは評判に安住していたが、新型アコードなどの品質が確実に向上した」と評した。

ブランド別1位のレクサスについても「快適で静かでありながら、燃費が良く、全体的に最も信頼性を備えた最高の車だ」と高く評価した。(朝鮮日報)>

杜父魚文庫
| 古澤襄 | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kajika.net/trackback/1002916
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

  • ドイツを敵に回す米スパイ活動、その目的は    古澤襄
    momo (07/15)
  • “号泣”の野々村県議が辞表を提出    古澤襄
    yosi (07/11)
  • 口先ばかりのオバマ大統領に日本の平和はまかせられない    加瀬英明
    momo (07/04)
  • 混沌を極める米外交と日本の針路    桜井よしこ
    momo (07/02)
  • 鳥取県、三朝温泉が中国人に買い占められていた 宮崎正弘
    川島 (06/27)
  • まな板の鯉 ”同病の友”の何と多いことか!   古澤襄
    大橋圭介 (06/25)
  • カテーテルを使った排尿器をぶら下げる   古澤襄
    chiiー (06/25)
  • カテーテルを使った排尿器をぶら下げる   古澤襄
    大橋 圭介 (06/24)
  • 中国の経済停滞は対外パワーを抑えるか   古森義久
    takayama (06/23)
  • 救急車で総合病院の救急医療センターに担ぎ込まれた   古澤襄
    大橋圭介 (06/21)

CATEGORIES

ARCHIVES



PROFILE