<< NYダウ平均株価1万8000ドル突破    古澤襄 | main | 中国・パキスタン経済回廊にインドは不信感拡大     宮崎正弘 >>
【戦後は終わった】    MoMotarou
(山田方谷先生)曰く、「経済の要(かなめ)は一刀両断に有り」と。(阪谷朗盧 談)山田方谷全集より

       ★

選挙は終わった。今年も終わる。終盤に見せた安倍総理の、"執念"の反日民主党幹部追い落としは見事。枝野元官房長官に対する答弁の中で「革マル派からの支援」を明らかにした時点から決意していたのでしょう。

菅直人元総理に対しても同じ。リベラルを装う勢力に鉄槌を加えました。また山梨県では日教組勢力と戦い、福岡県でも反日枢軸勢力との妥協を拒否しました。財務省増税派にも一泡吹かせた選挙でした。新たな「青年宰相」の誕生です。

■安倍首相は胸を張って海外に行け!

外国を見れば、米国も韓国も中共もロシアも指導者の地位が低下気味です。我が国の宰相は逆に勢いがついてきました。珍しいことです。この機を見逃す手はありません。安倍政権が長期政権になるとの予測がありますが、基本的には短期政権の「連続」でしょう。それ程課題が大きい。結果として長期政権になることもある。

■共産党の役目

議員増で議案か法案の提出権がとれたそうです。まず出すのは「政党交付金の廃止」でしょう。議員が公務員化・タレント化して仕事をしているのか疑わしくなって来ております。自分達の支持者の浄財で戦うのが基本。交付金の「山分け」が目立つ近年です。

■ヒーローの交代

坂本龍馬→高杉晋作。龍馬も持て囃されましたが、今回の解散総選挙で晋作に変わるでしょう。積極果断。表舞台で堂々と戦い、世論を喚起する。「次世代の党」の壮士は"討ち死"にしてしまいましたが、慰安婦河野談話等で流れを変えました。今後も彼らのような使命を帯びた議員が必要になります。

「総選挙」は「A K B 48」の為にあるのではない!来年も宜しくお願いします。>>>>>御機嫌よう。 
    
 お勧めサイト
 ・杜父魚ブログ:【川に進駐軍を叩き落とした中学生たち  古澤襄】
  http://blog.kajika.net/?eid=1009011
 ・【討論!】選挙結果とこれからの日本[桜H26/12/20]
  http://youtu.be/fMxcVBZpbeg
 ・【日いづる国より】水島総、オリンピックと文化のプラットフォーム構想[桜H26/12/19]
  http://youtu.be/DJbnu3GBiKc

杜父魚文庫
| MoMotarou | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009046
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE