<< ネパール大地震、米軍オスプレイとC17が到着   古沢襄 | main | 「中華イージス」を次々就役させる中国海軍の野望   古沢襄 >>
明治期の産業施設、世界遺産登録へ   古沢襄

■韓国は「強制労働」を理由に猛反対


ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産登録を目指す「明治日本の産業革命遺産」について、ユネスコの諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)は2015年5月4日までに、登録がふさわしいとする勧告を行った。これにより世界文化遺産への登録はほぼ確実になった。


しかし韓国は、今回登録を目指している23施設のうち、7か所で植民地時代の強制労働があったと主張し、世界文化遺産への登録に猛反対している。


■日本は、日韓併合までのものだと反論


今回登録を目指している「明治日本の産業革命遺産」は、九州5県と山口、岩手、静岡の各県にある計23施設で構成されている。官営八幡製鉄所(福岡県北九州市)や三菱長崎造船所(長崎県長崎市)、松下村塾(山口県萩市)、「軍艦島」の名称で知られる端島炭坑(長崎県長崎市)などが含まれる。


イコモスからの勧告を受け、6月28日〜7月8日に行われる第39回世界遺産委員会で、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産入りが決まる見通しだ。世界遺産委員会は日本を含む21の委員国で構成されている。


日本国内が歓声にわくなか、いい顔をしない隣国がある。


世界遺産委員会にも参加する韓国だ。イコモス勧告に合わせたかのように、韓国国会の外交統一委員会では4日、日本による「明治日本の産業革命遺産」の登録推進を非難する決議を行った。


韓国側の主張は、23施設中、7つの施設で日本側による強制労働が行われたというもの。日本による植民地時代に朝鮮半島出身の5万7900人が、強制的に動員されたとしている。
 

これに対して、日本政府は、産業遺産の対象は1910年(日韓併合)までのもので、韓国側が主張する第2次世界大戦下での労働とは異なる問題だと反論した。


なお時系列については、「韓国では、日本がこの施設で蓄えた国力で日清戦争などを引き起こし、朝鮮を植民地化したという認識もあります」(テレビ朝日)といった報道も出ている。
 

■ツイッターでは反発多数「嫌韓が進むだけ」


世界遺産委員会では、委員国の3分の2の賛成で、世界文化遺産への登録が承認される。そのため今後、日韓両政府による各委員国へのロビー活動が進むとみられる。


■ツイッターでは、


“「こんなことしてたら、嫌韓がさらに進むだけだと思うんだけど」
 「明治の遺産なのになんで韓国が昭和の話で文句つけるんですかね」
 「『近代日本の世界的理解を妨げる伝統的民族運動』として世界遺産に推薦してあげたい」といった、韓国への反対意見が一般的だ。


また自民党の佐藤正久参院議員は、ツイッターで、

“「施設の歴史的価値は十分だが、韓国政府は自国民の強制徴用の歴史と重なると猛反対。これからが日韓外交戦の正念場だ。油断禁物だ!」


 「日米同盟強化の動きもあり韓国の危機感は相当なもの。勧告で浮かれている場合ではない。懸念の7施設含め23全部の登録が鍵」と注意喚起を行っている。(JCASTニュース)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010069
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE