<< 空白作るべきでない…公明代表   読売新聞 | main | ”食”は人間の健康には欠かせない   古沢襄 >>
中国外相反論「日本は対抗意識を捨てるべきだ」   読売新聞

【北京=米川丈士、蒔田一彦】岸田外相は30日、中国の王毅ワンイー外相と北京の釣魚台国賓館で会談した。


岸田氏は中国による南シナ海での軍事拠点化に懸念を伝えたが、王氏は「日本は対抗意識を捨てるべきだ」などと反論した。一方で両氏は、北朝鮮の軍事挑発にそろって懸念を表明し、国連安全保障理事会の制裁決議を厳密に履行していく方針でも一致した。


外相会談は昼食会を含め約4時間20分に及んだ。日本の外相が国際会議以外で訪中したのは約4年半ぶり。


中国外務省によると、王氏は会談で「両国関係で困難が繰り返す根源は、歴史や中国に対する日本側の認識上の問題にある」と述べた。その上で、日中関係の改善に向け、日本は〈1〉歴史を直視・反省し、「一つの中国」政策を厳守する〈2〉「中国脅威論」や「中国経済衰退論」を広めない〈3〉互いの正当な利益を尊重し、対抗意識を捨てる――ことなどを要求した。
 

<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 読売新聞 | 04:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011904
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE