<< ”ご飯産業”というものが出来ている   古沢襄 | main | 「恐怖の加湿器殺菌剤」韓国で死者多数   JCASTニュース >>
中国軍「新たな段階に」=ミサイルなど装備近代化−米報告   時事通信社

【ワシントン時事】13日公表の中国の軍事動向に関する米国防総省の年次報告書は、中国軍の組織改編・装備近代化に向けた動きが「2015年に新たな段階に入った」と指摘した。その上で地域各国との紛争発生時に米軍の介入を阻止できるだけの軍事力の構築を目指していると分析した。


報告書は、「中国指導部は軍の近代化が強国の地位を確立し『中国の夢』をかなえるために不可欠だと位置付けた」と述べ、国防予算は公式発表でも06年以降平均9.8%の伸びを示していると強調。15年の予算1440億ドル(約15兆7000億円)について、実際の支出額は関連費を含め1800億ドルを超えると見積もった。


具体的な軍備増強に関して、空母を攻撃できる対艦弾道ミサイル「東風21D」の配備や昨年9月の軍事パレードに登場した中距離弾道ミサイル「東風26」に言及。特に東風26の核搭載型は「核による精密攻撃を域内の標的に加える能力を中国に初めてもたらす」と警鐘を鳴らした。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 時事通信社 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011966
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE