<< 鬼才画家・林倭衛の生涯   古沢襄 | main | 薬が効かない耐性菌、米で初の感染者   JCASTニュース >>
高齢男がフグのヒレ酒で酔っ払う   古沢襄

喉(のど)がいがらっぽい。昨日きた訪問看護師さんに診てもらったが、扁桃腺が腫れているわけでもない。扁桃腺炎なら高熱が出る筈だという。


どうにも気になるので、夜中に起きて水をガブ飲みしてみた。腹がふくれたので、また眠たくなる。こんな時に「舟和」のあんこ玉があったらと”うらみ節”。


愛犬バロンも気になるのだろう。寝床からついてきて私の足元で寝ている。明日はネットで「舟和」のあんこ玉を注文してみよう。


冷蔵庫を開けてみたら西瓜と横浜シュウマイ、焼き鳥五本。明日の朝は残りご飯と焼き鳥か、昼は西瓜と横浜シュウマイと一応は目星をつけて寝ることにした。ヘルパーさん頼みの買い物なので、夜中に起きた時にチェックする。


タバコは完全にやめた。こう喉がいがらっぽいので吸う気にもならない。酒を復活することにした。訪問看護師さんが賛成してくれた。


そうなると明日の夜は自家製のフグのヒレ酒で酔っ払うか。飯の用意も必要なし。高齢の一人男が毎晩、酒に溺れる気持ちがいくらか分かる気がしてきた。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1012004
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE